米マスターカード:7-9月期は増収・増益、ボーカリンク買収で効果

  • 売上高は34億ドルで過去最高、純利益は21%増の14億3000万ドル
  • マスターカードの利用額は11%増の9810億ドル

マスターカードの7-9月(第3四半期)決算は売上高が前年同期比18%増と、アナリスト予想を上回った。英決済サービス事業者ボーカリンクの買収が効果を上げている。

  マスターカードはボーカリンク買収により、急成長を続ける個人間や企業間の電子決済市場に足掛かりをつかんだ。

  7-9月期の売上高は34億ドルで過去最高。アナリスト予想は32億8000万ドルだった。純利益は21%増の14億3000万ドル(1株当たり1.34ドル)。前年同期は11億8000万ドル(同1.08ドル)だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト34人の予想平均は1.23ドルだった。マスターカードの利用額は11%増の9810億ドル。欧州と米国で利用が伸びた。

原題:Mastercard VocaLink Bet Shines as Banks Prep Real-Time Payments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE