ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は31日、外国人による中古住宅購入を禁止すると発表した。同首相率いる労働党は住宅を買いやすくすると国民に訴え、9月の総選挙を経て政権交代を果たした。

  同首相はウェリントンでの記者会見で、「来年の早い時期から外国の投機家がNZで住宅を買うことはできなくなる」と述べ、「国民が家を買えるようにする決意であり、外国人の投機家が住宅を購入し、価格を押し上げることをやめさせる」と強調した。

  NZの住宅価格はここ数年で大きく上昇しており、国内最大の都市オークランドでは平均住宅価格が100万NZドル(約7750万円)を突破し、若い世代には手に届きにくくなっている。

  一方で、非居住者によるNZ住宅市場への影響を示すデータは限定的で、前政権で財務相を務め現在は野党に転じた国民党の財務担当スポークスマンをしているスティーブン・ジョイス氏は「オーストラリアでもNZでも住宅市場に海外の買い手が大きな影響を及ぼしていないことが示されている」と主張した。

原題:New Zealand Bans Foreign Home Buyers After Price Surge (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE