サムスン、李相勲CFOを取締役会議長に指名-3事業トップも交代

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

韓国のサムスン電子は31日、李相勲(イ・サンフン)最高財務責任者(CFO)を取締役会の次期議長に推薦するとともに、主要3事業のトップを交代させる首脳刷新の人事を発表した。

  発表資料によれば、李相勲氏は議長就任に当たってCFOの職務を離れる。議長職と最高経営責任者(CEO)の役割を切り離すのは同社初という。

  権五鉉(クォン・オヒョン)CEO兼副会長の後任のディスプレー・ソリューション事業トップは金奇南(キム・ギナム)氏、家電部門トップの尹富根(ユン・ブグン)氏の後任はキム・ヒョンソク氏、携帯電話事業トップの申宗均(シン・チョンギュン)氏の後任には高東真(コ・ドンジン)氏がそれぞれ就く。権氏は今月初めに退任の意向を表明していたほか、申氏と尹氏は辞意を示した。

原題:Samsung Nominates CFO as Next Chairman, Replaces Division Heads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE