トランプ大統領来日、丸の内などでオフィス特別警備-ゴミ箱使用禁止

トランプ大統領とメラニア夫人

Photographer: Ron Sacks/Pool via Bloomberg
Photographer: Ron Sacks/Pool via Bloomberg

11月5日からのトランプ米大統領の初来日を控えて、千代田区や港区など都心のオフィスビルで特別警備が始まった。11月7日の離日までの期間を対象に、皇居や東京駅の近くなどの警備を強化する予定だ。

  丸の内エリアで多くのオフィスビルを所有する三菱地所は、不特定多数の人が集まりやすい場所にあるゴミ箱について、中身が見える透明回収箱を除き使用禁止にする。特別警備実施中のポスターを提示し、警備員の巡回も強化。また、人の目が届かないビルの屋上部分での作業やゴンドラ作業なども中止にする。対象エリアは丸の内、大手町、有楽町、青山、赤坂。広報部の臼井亮介氏が電子メールで明らかにした。

  森ビルは港区と千代田区で警備を強化し、巡回頻度を通常より多くする。「特別警戒中」と書かれた立て看板を設置し、警備強化をより見えやすくする。10月26日から11月7日まで。広報担当の山本将克氏が電子メールで説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE