アップルクアルコム製部品を使用しない2018年用の「iPhone(アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」を設計していると、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  情報は部外秘だとして関係者が匿名を条件に語ったところでは、計画は初期の段階で、依然変更もあり得る。アップルはインテルや聯発科技(メディアテック)のモデムチップをクアルコム製品の代わりに使用する可能性があるという。クアルコムの特許技術へのアクセスを巡り、同社とアップルは対立している。

  アップルは将来の製品についてコメントしないと、同社の担当者1人が語った。

  今回のアップルの計画については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた。

  クアルコムはブルームバーグ・ニュースに送付した発表文で、「次世代のアイフォーンで使用できるモデムは既に十分にテスト済みで、アップルにリリースされている」と説明した。

原題:Apple Is Said to Design iPhones, iPads Without Qualcomm Parts(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE