ネットフリックス:K・スペイシー主演の人気ドラマ終了へ-関係者

  • ケビン・スペイシーは過去の行動について謝罪
  • 番組終了はスペイシーに対する疑惑とは無関係-関係者

ネットフリックスが性的嗜好(しこう)をめぐるハリウッドでのごたごたに巻き込まれつつある。同社のオリジナル作品で初ヒットとなった政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」の主演を務めるハリウッドスターのケビン・スペイシーが、数十年前に14歳の少年に性的関係を持ちかけたとの疑惑が浮上している。

  同社とプロデューサーらは「ハウス・オブ・カード」をシーズン6で終了する計画だと、事情を知る関係者1人が30日に明らかにした。この前日にニュースサイトのバズフィードがスペイシーに対する疑惑を伝えていた。関係者によると、番組終了は以前から計画されていたもので、今回の疑惑とは無関係だという。

  アカデミー賞受賞俳優のスペイシーは29日のツイッターで、過去の行動について覚えていないとしながらも謝罪した。スペイシーの代理人にコメントを求めたが返答はない。番組終了のニュースは30日に先にハリウッド・リポーターが伝えていた。

  ニューヨーク市場でネットフリックス株は前週末比0.6%安で引けた。年初来では60%上昇している。

原題:Netflix Said Ending Spacey’s ‘House of Cards’ After Season 6 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE