トランプ氏、ツイッターで誤った主張展開-マナフォート氏の起訴巡り

トランプ大統領とマナフォート氏

Photographer: Bill Clark/CQ-Roll Call,Inc./Getty Images

トランプ米大統領はツイッターで、ポール・マナフォート氏の起訴内容について、大統領選で同氏がトランプ陣営に加わる前に起きたことだと誤った主張を展開した。

  トランプ陣営の選対本部長を務めたマナフォート氏が30日にマネーロンダリング(資金洗浄)や共謀の罪で起訴されたことを受け、大統領は「悪いが、これが起きたのは数年前で、ポール・マナフォート氏がトランプ陣営の一員となる前だ。しかし、悪徳なヒラリー・クリントン氏と民主党員らはなぜ焦点になっていないのか?????」とツイッターに投稿。さらにその3分後に「共謀は一切ない!」ともツイートした。

  モラー特別検察官率いるチームの起訴状によれば、マナフォート氏ならびに同氏のビジネスパートナーであるリック・ゲイツ氏は、2008年から17年に銀行や米政府を欺く計画に従事。マナフォート氏は16年3月にトランプ陣営に加わり、同年8月に辞任した。  

  起訴状によれば、12の訴因のうち3つはマナフォート、ゲイツ両氏が17年にかけて従事した行為、またもう1つの訴因は16年にかけての行為が含まれている。

原題:Trump Falsely Tweets That Manafort Indictment Predates Campaign(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE