ウォール街の賞与、今年は増える公算-NY州会計監査官

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ウォール街の各社が2017年1-6月(上期)に増益となったことから、同年の賞与は前年に続いて増える可能性がある。ニューヨーク州のトマス・ディナポリ会計監査官が見通しを示した。

  ディナポリ氏が30日発表したところによると、業界全体が上期に積み立てたボーナス原資は前年同期を約4%上回った。同期間の利益は3割余り増えたという。

  「上期の好調後、ウォール街の利益は10-12月(第4四半期)に大きな落ち込みがなければ昨年を上回る見込みだ」とディナポリ氏は声明で指摘した。

  同氏によると、ニューヨーク市の証券会社関連の雇用は今年、前年から若干増える見込み。9月末時点は17万8000人と金融危機以降の最大だったという。

原題:Wall Street Bonuses Likely to Rise This Year, DiNapoli Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE