カタルーニャ独立運動に打撃-プチデモン氏がベルギーに出国

更新日時
  • プチデモン氏は31日に声明を出すとベルギーの弁護士
  • プチデモン氏は自党幹部に予告せず、指示も残さなかったと党幹部

スペイン・カタルーニャ自治州の独立問題で30日、中央政府がカタルーニャ州の統治機構を掌握する一方で、州首相を解任されたプチデモン氏は出国し、ベルギー入りした。リーダーを失った独立運動が必死に打開策を探る中、独立派の市民らの間には大義が裏切られたとの怒りが広がった。

プチデモン氏

Photographer: Angel Garcia/Bloomberg

  プチデモン氏の所属する独立派政党連合の当局者によれば、同氏は自党の上級幹部らに告げずに出国、今後に関する指示も残さなかった。このため幹部らは30日、プチデモン氏不在のまま会合を開いた。

  党指導者らは、反逆罪で有罪になれば禁錮30年の刑を科され得るプチデモン氏がベルギーで亡命を求める計画だとみている。党当局者によると、プチデモン氏は亡命政府を樹立する意向だが、他の党指導者らは12月21日に予定されている州選挙に挑むという。ベルギーの弁護士、ポール・ベカート氏は電話インタビューで、自分はプチデモン氏の代理人を務めており、プチデモン氏は31日に声明を出すと述べた。

カタルーニャ州政府付近の警察車両(30日)

撮影:Angel Garcia / Bloomberg

  カルロス3世大学(マドリード)のパブロ・シモン教授(政治学)は、「プチデモン氏が抵抗のしるしを全く示すことなくブリュッセルに向かうとは非常に驚きだ」とした上で、「ラホイ首相は独立派の戦略を覆した。独立派はこれから短い間に候補者を選び、主張を再構築しなければならない。しかも、憲法支持派がかつてなく結集している時にだ」と指摘した。

  27日のカタルーニャ独立宣言に対して直ちに同州政府の掌握に動いたラホイ首相の作戦が奏功した格好だ。29日には独立反対の市民がバルセロナの街頭に繰り出した。最新の世論調査で独立支持は34%にとどまっていた。

原題:Catalonia’s Independence Movement Unravels as Rajoy Prevails(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE