世界史上最大の株価下落-時価総額90兆円余り失い、なお底見えず

  • ペトロチャイナは07年の上海上場初日に高値、その後は長期下落傾向
  • 向こう1年でさらに16%下落とアナリストは予想

中国の国有エネルギー会社ペトロチャイナ(中国石油天然気)の株価がようやく底を打ったとアナリストを納得させるには、同社が味わった世界の歴史で最も大きな下げでは足りず、さらなる下落が必要になるようだ。

  ペトロチャイナ株が上海市場での取引初日に上場来高値を付けてから10年。同社の時価総額はその後、約8000億ドル(約90兆8500億円)失われた。イタリアの上場企業全てを買えるだけの大きさだ。2007年の上場時、同社は世界初の時価総額1兆ドル企業だった。

ペトロチャイナの給油所で働く作業員

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  ペトロチャイナ株主が失った資産は現在のドル換算で史上最大。しかも状況は悪くなる一方かもしれない。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均が正しければ、上海上場の同社株は向こう1年でさらに16%下落し、上場来安値を更新する見通しだ。

  石油価格は過去10年で44%下落。中国は習近平国家主席の下、電気自動車の振興という野心的計画を掲げている。アナリストが弱気な見方を変えない理由を探すのは容易だ。それにもかかわらず、同社の向こう1年の利益見通しを基にした予想株価収益率(PER)は36倍に上る。世界の同業に比べて53%大きい。

  ペトロチャイナの北京在勤広報担当者はコメントを控えた。同社は7-9月(第3四半期)決算の発表を30日に予定している。

原題:Biggest Stock Collapse in World History Has No End in Sight (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE