「ジグソウ」が初登場1位-ハロウィーン週末の北米映画

  • 「ジグソウ:ソウ・レガシー」の興行収入1630万ドル
  • 2位はタイラー・ペリー主演のコメディー映画で1000万ドル
Source: Getty Images
Source: Getty Images

週末の北米映画興行収入ランキングで、ライオンズゲート・エンターテインメントが手掛けた2本のハロウィーン映画が首位を争った。初登場の「ジグソウ:ソウ・レガシー」がタイラー・ペリー主演のコメディー映画を抑えて首位となった。

  調査会社コムスコアが電子メールで29日配布した資料によれば、ジグソウの興行収入は推計1630万ドル(約18億5300万円)。ボックスオフィスプロ・ドットコムのアナリスト予想は1250万ドルだった。

  2週目の「タイラー・ペリーズ・ブー2!ア・マディーア・ハロウィーン(原題)」は1000万ドルで2位。ボックスオフィスプロでは1190万ドルと見込まれていた。

原題:‘Jigsaw’ Wins Weekend Battle of Horror Films at Box Office (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE