任天堂は今期の営業益予想1200億円に増額-スイッチがソフトとも好調

更新日時
  • スイッチ本体を1400万台、同ソフトも5000万本に上方修正-通期予想
  • 君島社長「生産規模もっと大きく」年末商戦などでの取りこぼし防ぐ
任天堂:ゲーム機「スイッチ」の出荷台数1400万台の見込み

任天堂は2018年3月期の営業利益予想を1200億円(従来予想は650億円)に上方修正した。3月に発売した新型家庭用ゲーム機「スイッチ」と、同機向けゲームソフトの販売好調などが寄与する。ブルームバーグが集計したアナリストの予想平均は1297億円。

  30日の開示資料によると、今期予想は売上高も9600億円(同7500億円)に、純利益は850億円(同450億円)に増額した。通期で1000万台を見込んでいたスイッチ本体の販売台数も1400万台に、ソフトも従来予想の3500万本から5000万本に上方修正した。為替の円安(対ユーロ)も収益の押し上げ要因となる。

任天堂の人気ゲーム機「スイッチ」

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  スイッチは発売当初から人気が高く、消費者の需要に生産が追い付かない状態となっていたが、任天堂では生産体制を強化してクリスマス・年末商戦などに臨む方針。通期で1200億円の営業利益を達成できれば2011年3月期(1711億円)以来の高水準となる。

  君島達己社長は大阪本社で行った決算会見で、通期で1400万台に上方修正したスイッチ販売について、「ホリデーシーズンを越してみないとわれわれの実力は分からない。決してやさしい数字ではない」と述べた。ただ「生産規模はもっと大きくなる」とし、年末商戦やその後も含め顧客の需要を逃さず販売増につなげたい考えを示した。

Wii並み「1億台」の声も

  また、君島社長は詳細についての言及は避けたが、「来期はスイッチを使ってまた新しい経験ができるようなことを考えている」と語った。

  米国モーニングスターの伊藤和典アナリストはスイッチについて、過去に人気機種となった「Wiiのようにブームを起こして1億台をうかがう動きをみんな意識し始めている」と指摘。「2年目に向け勢いは相当ついている。来年の生産はさらに多くのキャパシティを確保できるだけの材料が整ったのではないか」と分析した。

  同時に発表した7-9月(第2四半期)は、連結営業利益が238億円とブルームバーグが集計したアナリストによる予想平均192億円を上回った。売上高は前年同期2200億円(市場予想は1746億円)、純利益は302億円(市場予想は146億円)だった。スマホ事業やポケモンGOからの収益は伸び悩んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE