シンガポール:金融で雇用4000人創出を計画-フィンテックの痛み緩和

  • 金融サービス・金融テクノロジー、国内経済よりも高成長を目指す
  • 重要性と競争力を保つため変わることが不可欠-通貨庁
Photographer: Munshi Ahmed/Bloomberg
Photographer: Munshi Ahmed/Bloomberg

シンガポール政府はウェルスマネジメントや外国為替などの業務で金融セクターの新規雇用創出を目指す。フィンテックの急速な発展が及ぼす影響を和らげたい考えだ。

  シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)は30日、金融サービス・金融テクノロジー業界で4000人の雇用純増を目指すと発表。両分野で年間4.3%と、国内経済全体よりも高い実質成長率を目標に設定した。

  MASは声明で、「金融サービスの創出・提供それに消費の在り方をテクノロジーが変える中で、シンガポールの金融セクターも重要性と競争力を保つために変わることが不可欠だ」と指摘した。

原題:Singapore Unveils Plan to Create 4,000 New Financial Sector Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE