「iPhoneX」入手まで最大6週間も-「並外れた」需要で

  • 11月3日発売の「X」は品薄状態が続く公算大きいことを示唆
  • 需給が均衡するのは来年1-3月期か-ループのマンスター氏
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米アップルは「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の予約注文の受け付けを米太平洋時間27日午前0時1分(日本時間午後4時1分)から始めた。その数分後には、米国内で出荷までに要する期間が最大6週間に拡大した。11月3日に発売されるアイフォーンXの品薄状態が続く公算が大きいことを示唆している。

  香港では午後に予約販売が始まってから30分足らずで売り切れたもようで、オンラインショップでは「現時点では購入できません」としている。アジアの他の国・地域も同様の状態となっている。

  英国でも数分で完売となり、午前の中頃には顧客に入手まで4-6週間かかると伝えていた。米東海岸の早朝には、入手まで最大6週間を要するとアップルのウェブサイトに表示された。

  アップルは電子メールで送付した資料で、「当初の反応から、顧客の需要がオフ・ザ・チャート(グラフからはみ出すほど並外れている)であることが分かる」とコメントした。27日の取引でアップルの株価は3.6%高で終了した。

Bloomberg’s Alex Webb reports on Apple’s struggle to get the iPhone X to market on time.

(出所:Bloomberg)

  ループ・ベンチャーズの共同創業者ジーン・マンスター氏は、「アイフォーンXの世界需給が均衡するのは来年1-3月期か、発売の3ー4カ月後だとわれわれは考える」と顧客向けリポートで予想した。

原題:Want an IPhone X? Hurry Up and Wait as Delivery Dates Extend (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE