マレーシア首相が予算演説-総選挙見据え有権者の支持獲得目指す

  • 2018年の成長率見通し、5~5.5%-経済報告書
  • 対GDP比の財政赤字:17年は3%、18年は2.8%に低下へ

マレーシアのナジブ首相は総選挙を見据え、有権者の支持を得るために補助金を増やし社会支援を拡充する方針だ。

  首相による予算演説を前に27日公表された経済報告書によれば、マレーシアの経済成長は来年も引き続き強く、財政赤字は縮小する見込み。インフレは鈍化する可能性があるとしている。

報告書ハイライト


17年(従来見通し)17年(最新見通し)18年
GDP成長率4.8%5.2%〜5.7%5%〜5.5%
財政赤字GDPの3%GDPの2.8%
インフレ率3%〜4%2.5%〜3.5%
経常黒字323億リンギット329億リンギット
補助金と社会支援231億リンギット265億リンギット

 
  ナジブ首相は報告書で、「民間セクターが成長の重要なけん引役であり、政府は景気拡大支援」と国民の福利を守り続けると表明した。明るい景気見通しはナジブ首相が総選挙を早めに実施する理由になる。

  昨年の地方選挙では与党が主要な州で手堅い勝利を収めているものの、生活コストの上昇がナジブ首相への支持に悪影響を与える可能性がある。


原題:Najib Unveils Voter-Friendly Budget Ahead of Election Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE