テイラー氏:米経済の成長加速は可能-投資や雇用促進の改革で

  • トランプ大統領が次期FRB議長候補として検討中の1人
  • 税制改革や規制の巻き戻しを通じ成長や生産性の伸び高められる

ジョン・テイラー氏

Photographer: Sam Hodgson/Bloomberg

米スタンフォード大学のジョン・テイラー教授は26日、政策当局が投資や雇用を促す改革に重点的に取り組めば、米経済の成長を加速させることは可能だとの考えを示した。トランプ大統領はテイラー氏を次期連邦準備制度理事会(FRB)議長候補の1人として検討中。

  テイラー氏はウィスコンシン大学マディソン校での講演で、「インセンティブや税率が重要であるとの基本原理に立ち戻り、それを実践したい。経済の供給をもっと急速に増やしたいと望んでいるわけで、これは新たな政策によって可能だ」と語った。

  2010以降、2%をやや上回るペースで推移している米経済の成長率について、トランプ氏はその押し上げを公約に掲げて大統領に就任。テイラー氏のこうした発言はホワイトハウスで賛同を得ることになりそうだ。

  テイラー氏は過去10年間の米国の経済成長率および生産性上昇率を金融危機前と比較。危機前の方がずっと高かったと指摘し、税制改革や規制巻き戻しの取り組みを通じて当時の水準に回復させることができると論じた。

原題:Fed Candidate Taylor Calls for Reforms That Echo Trump Agenda(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE