ナイキ、女性用スポーツウエア事業に注力

更新日時
  • スポーツブラなどの女性用スポーツウエアへの投資拡大を計画
  • 5000店舗でヨガパンツスタジオを11月1日にオープン
Photographer: Maika Elan/Bloomberg

世界最大のスポーツブランド、米ナイキは成長回復に向けた取り組みの一環として、ヨガパンツやスポーツブラといった女性用スポーツウエアへの投資を拡大しつつある。この分野で先行するカナダのルルレモン・アスレティカを追撃する。

  ナイキは25日の投資家説明会の補足資料で、11月1日に5000店舗でヨガパンツスタジオをオープンし、運動やレジャー向けの新たなスタイルを打ち出すと発表した。同社はスポーツブラなどの製品開発への投資拡大を計画している。最新機能を備え、よりスタイリッシュなデザインを目指す。さらに同社はスポーツウエア・ラインアップの一新を進めており、新製品は来年の早い時期に発表される。

  ナイキブランド部門のトレバー・エドワーズ社長は説明会で、「70億ドル(約8000億円)規模の同事業は今後も引き続き、スポーツや健康維持、アクティビティーに参加する女性の増加によって支えられていくだろう」と発言。「当社の女性向け事業の伸びは男性向け事業を上回っており、そうしたトレンドは今後も続く」と予想した。

  ヨガやフィットネス向けウエアを普段着のように着られる服へと変えたルルレモンは、主に米国とカナダで計421店舗を展開している。同社はナイキの動きについてコメントを控えた。

  26日の米株式市場でルルレモンの株価は前日比0.1%安で終了。ナイキの計画に関するブルームバーグの報道を受けて、一時2.5%安を付けた。一方、ナイキ株は3.4%高で引けた。

  ナイキのマーク・パーカー最高経営責任者(CEO)は説明会で、「新たな成長の好機とみている」とし、「当社はアプローチを研ぎ澄ませている」と述べた。

(更新前の記事で第1段落の国名をカナダに訂正済みです)

原題:Nike Coming for Lululemon, Sharpens Focus on Women’s Wear (1)(抜粋)

(最終段落にナイキCEOの発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE