米ハーバード大、天然資源投資で評価損1260億円-6月末までの前年度

  • 天然資源ポートフォリオを40億ドルから29億ドルに評価し直した
  • 26日公表の年次報告で明らかに-同大は寄付基金の抜本改革図る

米ハーバード大学は前年度、天然資源投資で11億ドル(約1260億円)の評価損を計上した。同大学寄付基金の運用低迷を招いた主因となった。

  26日公表された年次報告によれば、ハーバード大は6月末までの1年間に天然資源ポートフォリオの価値を40億ドルから29億ドルに評価し直した。

  同大は寄付基金の抜本改革を図っており、今回の評価損計上はその一環。年次報告によると、収入は5%増の50億ドル。純資産は4%増え441億ドルとなった。

原題:Harvard Endowment Hit by $1 Billion Natural Resources Writedown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE