MUFG株が年初来高値、抵抗帯抜け狙いは15年の900円台

  三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)株が27日、一時3.3%高の794.8円と5連騰し、2015年12月以来の高値を付けた。昨年来、何度も跳ね返されてきた750ー780円の抵抗帯をようやく上抜け、東海東京調査センターの中村貴司シニアストラテジストは「トレンドが良い方向に変わった。日経平均株価が高値を更新し続ける中、出遅れ感の強かった銀行株が復活したことを印象付ける象徴的な動き」とみる。また同氏は、足元の米長期金利上昇で利ざや改善が期待されやすく、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資の活発化で「女性の活躍推進に取り組む金融セクターの一角としてMUFGが資金を集める可能性がある」とも分析。チャート、ファンダメンタルズ、テーマの3拍子がそろい、「15年6月の936.8円がターゲット」と言う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE