【NY外為】ドル上昇、ECBのQE縮小計画でユーロは大幅安

更新日時
  • QEが突然終了することはない-ドラギECB総裁
  • 税制改革への期待とFRB議長関連報道がドル押し上げ
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

26日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが大幅下落し、7月下旬以来の水準となった。欧州中央銀行(ECB)が量的緩和(QE)政策の延長と債券購入規模の縮小を発表したのが手掛かり。一方で、米下院による予算決議案可決で税制改革実現の見込みが高まったとの見方から、ドル指数は7月12日以来の水準を回復した。

  ドルは主要10通貨の全てに対し値上がりした一方、ユーロは8通貨に対し値下がりした。ECBはこの日、QEプログラムを月間購入額300億ユーロで少なくとも来年9月まで延長すると発表。市場の予想とほぼ一致した。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は次期議長指名争いから外れたとのポリティコ報道を受け、よりタカ派の候補者が選ばれる可能性に注目が集まったことも、ドルの支援材料になった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.7%上昇。ドルは対円で0.2%上げて1ドル=113円98銭。対ユーロでは1.4%上昇し1ユーロ=1.1648ドル。

  ニューヨーク時間の午後にはユーロのドルに対する下落率が1%を超え、4月以来で初めて100日移動平均の1ユーロ=1.1674ドルも下回った。

  ドルは円に対して一時1ドル=114円08銭まで上昇。ただ、ドルに対する円の下げ幅は他の通貨ほど大きくなかった。ユーロが対円で1カ月ぶりの大幅安となり、ユーロを円に対し買い持ちにするクロス取引が巻き戻されたことで、ドルの上値が限定されたと、ニューヨーク在勤のあるトレーダーは指摘した。

欧州時間の取引

  ユーロはECBのQE縮小計画発表を受けて下落し、ドラギ総裁の記者会見終了後には10月6日以来の安値となる1ユーロ=1.1707ドルに値下がり。ただ、政策決定の発表やドラギ総裁会見が進行中の相場変動は比較的小幅にとどまった。ドラギ総裁は、QEは期限を決めないプログラムで、突然終了することはないと強調。またコンスタンシオ副総裁は、満期償還金の再投資が「相当な」額になるとの見方を示した。

原題:Dollar Gains on Tax Reform Outlook; Euro Sinks on ECB Tapering(抜粋)
EUR Down vs Most G-10 Peers; ECB Halves, Extends QE: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、第4段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE