ダウ・デュポン:7-9月利益が予想上回る、「旺盛」な需要が寄与

米ダウ・デュポンの7-9月(第3四半期)暫定決算は、価格上昇と消費者の旺盛な需要を背景に利益がアナリスト予想を上回った。

  26日の会社発表によると、一部項目を除いた調整後1株利益は55セントと、前年同期の50セント(ダウ・ケミカルとデュポンがすでに合併済みとの想定で算出)を上回った。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は41セント。売上高は7.6%増の183億ドル(約2兆860億円)で、市場予想平均の175億ドルを上回った。同社によると、「消費者主導の旺盛な需要」と価格上昇が好業績に寄与した。

  正式な7-9月決算は11月2日に発表する。

原題:DowDuPont Earnings Top Estimates on ’Robust’ Consumer Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE