豪中銀のデベル副総裁:豪州のインフレ、最近の指標より弱い可能性

  • CPIのウエート見直しは頻繁に行われず、変化が反映されにくい
  • 家計はより安い商品に向かうがCPIに反映されるには時間かかる

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のデベル副総裁は、豪州のインフレは最近の統計値が示すよりも弱い可能性があると指摘した。消費者物価指数(CPI)のウエート見直しが頻繁には行われないため変化が反映されにくいと説明した。

  デベル副総裁はシドニーでの26日の講演で、家計はより安い商品に引き付けられ値上がりしているものを避けるが、CPIを構成する財のバスケットが調整されそうした購買行動の変化を反映するようになるには長い時間がかかると語った。講演内容は事前テキストで明らかになった。

原題:RBA’s Debelle Says Inflation May Be Even Weaker Than Data Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE