バークレイズ:7-9月トレーディング大幅減収-株価急落

更新日時
  • 債券トレーディング収入は34%減、株式24%減-利益予想に届かず
  • 株価は英EU離脱決定以来の大幅安、年初来では欧州銀行株で最悪
Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

英銀バークレイズの7-9月(第3四半期)決算は、税引き前利益が予想に届かなかった。債券トレーディング業務は大幅減収となった。株価は下落した。

  26日の発表によると、税引き前利益は11億ポンド(約1660億円)と前年同期比から32%増えたものの、同行がまとめたアナリスト12人の予想平均(14億ポンド)に届かなかった。

  債券トレーディング収入は前年同期比で34%減の6億2700万ポンド。米国勢の平均の22%よりも大きく落ち込んだ。株式トレーディング収入は24%減の3億5000万ポンドだった。

  株価はロンドン時間午前に一時7%を超える下落を記録。年初来では17%下落でブルームバーグ欧州500銀行・金融サービス指数構成銘柄中で最悪。

  ジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は発表資料で「第3四半期は明らかに、当行の市場事業にとって困難な四半期だった。債券・通貨・商品の取引高とボラティリティーの低迷が業界全体で市場事業の収入に大きな打撃を与え、当行も例外ではなかった」と説明した。

  純営業利益は約4%減の45億ポンド。

  同行は2019年に有形株主資本利益率(ROTE)9%超、翌年は10%超との目標を設定。19年の費用は136億-139億ポンドを目指すとしている。

原題:Barclays’s Investment Bank Trading Drop Adds to Pressure on CEO、Barclays Markets Revenue Tumbles 31% in ‘Difficult’ Quarter、Barclays Falls After Trading Declines, Adding Pressure on CEO、Barclays Falls After Trading Declines, Adding Pressure on CEO、*BARCLAYS FALLS 7%, MOST SINCE BREXIT AFTERMATH(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE