ビットコインに超強気のリー氏、唯一の米投資信託3倍に高騰を予想

  • ビットコインが22年までに2.5万ドルに上昇ならGBTC2600ドルも
  • GBTCはビットコイン分裂で生じる通貨が考慮されておらず割安
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

ウォール街で仮想通貨ビットコインに最も強気な1人であるトーマス・J・リー氏は、市場がビットコインの分裂で生じるデジタル通貨を考慮していないため、機関投資家が利用できる唯一の関連投資信託は割安だと指摘した。

  ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズの調査責任者を務めるリー氏によれば、ビットコインが2022年までに2万5000ドルに上昇した場合、「ビットコイン・インベストメント・トラスト」は2360-2600ドル相当の価値が見込まれると予想した。GBTCのティッカーで取引される同ファンドは24日、店頭取引で680ドルで終了。ビットコインは最近、過去最高値の6064ドルを付けている。

  GBTCはビットコインを保有しており、適格投資家のみ利用可能。

  リー氏はリポートで、「GBTCは688ドルでNAVに対し20%のプレミアムであり、ビットコインへのエクスポージャーを増やす魅力ある手段だ」と指摘。市場はGBTC1口当たり31ドル相当のビットコインキャッシュと22ドル相当のビットコインゴールドを見落としているため、NAVは過小評価されていると分析した。

原題:Bitcoin Hyper Bull Lee Says Lone Investment Trust Could Triple(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE