サンタンデール銀:7-9月期は減益-ポプラール銀統合費用が重しに

  • ポプラール銀統合に伴う費用として3億ユーロ計上
  • 純利益は14億6000万ユーロ-市場予想は18億4000万ユーロ

スペイン最大の銀行サンタンデール銀の7-9月(第3四半期)決算は減益となった。6月に買収したポプラール・エスパニョール銀行の統合などに伴う費用計上が響いた。

  26日の発表資料によると、純利益は14億6000万ユーロ(約1960億円)と、前年同期の17億ユーロから減少した。ブルームバーグの集計したアナリスト5人の予想平均は18億4000万ユーロだった。

  サンタンデール銀は一時的な費用として5億1500万ユーロを計上しており、そのうちポプラール銀統合関連は3億ユーロ。欧州の規制当局が経営破綻したポプラール銀の不良債権処理で株式と劣後債の価格をゼロに引き下げた後、サンタンデール銀は同行を名目的に1ユーロで取得していた。

原題:Santander Posts Lower Profit After Booking Banco Popular Charges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE