かんぽ生命:ヘッジしたクレジット外債積み増し、PE投資開始-下期

かんぽ生命保険は2017年度下期(17年10月-18年3月)の運用計画で、為替リスクをヘッジしたクレジット物を中心に外国債券の残高を増やす。代替投資(オルタナティブ)となるプライベートエクイティ(PE)やインフラエクイティも積み増す計画だ。

  淺井重明運用企画部長らが26日記者説明した。同社では下期も低金利環境が継続すると見込み、円金利資産は平準ペースで投資する計画だが、償還などで残高は減少する見込み。ヘッジ外債の残高は増加を見込む。 

  ヘッジコストは上昇しているものの、同社ではヘッジ外債はクレジット物を中心に運用しており、福嶋亮介運用企画部担当部長は「まだ円債より有利な水準」と話す。ただ、米国10年国債のヘッジコスト控除後の利回りは0.5%程度で「円債のほうが魅力的に見える水準」とも指摘し、円金利資産との収益性をみて機動的に残高を調整することもあるという。

  為替リスクをヘッジしないオープン外債の残高は横ばいを想定。福嶋氏は「円安方向で見ているが、2年前の1ドル=125円を目指していくような勢いはなく慎重にみている」と述べた。一時的に円高に振れる局面あれば機動的に残高を積み増す。上半期は為替金利等をみながら通貨配分の調整をし、残高は横ばいから微減という。

  3-5年で総資産の1%への残高積み上げを目指しているオルタナティブは増加を見込む。下期は、PEやインフラエクイティへの投資を本格的に開始する。上期はヘッジファンド、不動産の投資を開始したが。ヘッジファンドでは、パフォーマンスに応じたアロケーションの調整や追加投資、対象地域の拡大、投資戦略の多様化を検討する。不動産では国内不動産への追加投資のほか、海外不動産への投資も検討する。

  株式は、国内外とも横ばいを想定。自家運用を増やし、外部委託は減額する見込み。上半期は相対的に割安な国内株の残高が増加した、割高な外国株の投資は控えた。

  6月末時点で同社の運用資産は78兆9000億円。うち公社債は71.1%を占め、国債が52.5%、地方債11.6%、社債7.0%。リスク性資産は10.9%で、国内株2.2%、外国株0.4%、外国債券等8.2%となっている。
2017年度下期の運用計画


国内債券外国債券ヘッジ外債オープン外債国内株式外国株式
かんぽ生命減少増加増加横ばい横ばい横ばい
日本生命横ばい増加減少増加横ばい増加
第一生命減少横ばい金利水準次第為替水準次第株価水準次第増加
明治安田横ばい増加横ばい横ばい
住友生命横ばい増加増加やや増加横ばい横ばい
三井生命▲数百億円台前半増加横ばい+千億円台後半横ばいN.A.
大同生命横ばい増加増加増加

2017年度予想


国内金利(%)米国金利(%)日経平均(円)ダウ(ドル)ドル円(円)ユーロ円(円)
かんぽ生命▲0.10-0.20(0.10)2.10-2.70(2.50)19000-23000(21000)20000-25000(22000)105-120(115)125-140(135)
日本生命▲0.20-0.20(0.00)2.00-3.00(
2.50)
18000-22000(20000)20000-24000(22000)100-120(110)110-140(125)
第一生命▲0.10-0.30(0.10)2.00-3.00(2.50)17000-23000(21000)19500-25000(23000)100-125(115)115-145(135)
明治安田▲0.10-0.00(▲0.10-0.00)2.00-3.00(2.50)19000-23000(21000)20000-25000(23500)101-121(115)120-145(135)
住友生命▲0.10-0.20(0.10)1.80-2.80(2.50)18500-24000(21500)20000-24000(23000)100-120(115)115-140(136)
三井生命▲0.10-0.20(0.10)1.80-2.60(2.30)19700ー22000(21000)20000-24000(22200)108-118(113)127-142(135)
大同生命▲0.05-0.15(0.10)2.0-2.6(2.5)18000-23000(21000)20500-24750(23000)107-117(115)126-138(132)

※かんぽ生命、日本生命、三井生命は18年3月末のレンジ(18年3月末の中心)
※第一生命、明治安田生命、住友生命、大同生命は下期のレンジ(18年3月末の予想)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE