コンテンツにスキップする

英議会:電子たばこや加熱式たばこの健康、経済への影響検証へ

  • 電子たばこへの認識のギャップに対処、現行規制の適合性を評価
  • 電子たばこは規制の在り方に再考を求めるものだ-ヤック氏
U.K. to Launch Inquiry Into E-Cigarettes Amid Boom in Vaping
Photographer: Timothy Fadek/Bloomberg
U.K. to Launch Inquiry Into E-Cigarettes Amid Boom in Vaping
Photographer: Timothy Fadek/Bloomberg

英議会は電子たばこや加熱式たばこの健康と経済への影響を検証するための調査委員会を開いた。こうした製品の利用者は300万人に達しようとしている。

  同委員会は、電子たばこを巡る認識のギャップに対処し、こうした製品に対する現行の規制の適合性を評価することを目指す。12月8日までに科学技術委員会へ報告書を提出する。

  米フィリップ・モリス・インターナショナルが一部出資する非営利団体「たばこの煙のない世界のための財団」の会長を務めるデレク・ヤック氏は、「破壊的なテクノロジーは全て規制の枠組みに挑むものだ。電子たばこは規制の在り方に再考を求めている」と語った。
    
     

電子たばこがブームに。

出所:ブルームバーグ

     
  英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は25日、同社の2018年の加熱式たばこ製品の売上高が前年比2倍を超え、少なくとも10億ポンド(約1500億円)になるとの見通しを示した。

  同委員会は、電子たばこの広告や製品の安全性に関する規制の効果や、英国の欧州連合(EU)離脱による規制への潜在的な影響などを調べる。

原題:U.K. to Launch Inquiry Into E-Cigarettes Amid Boom in Vaping (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE