豪ANZ:17年9月期決算は18%増益-不良債権の圧縮など寄与

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が発表した通期決算は18%増益となった。利益率は縮小したものの、国内銀行事業の伸びと不良債権の圧縮が貢献した。

  26日の発表資料によると、2017年9月期の一部項目を除く利益は監査前で69億4000万豪ドル(約6070億円)と、16年9月期の59億豪ドルから増加。ブルームバーグが調査したアナリスト13人の予想中央値は69億7000万豪ドルだった。

  17年9月期の純金利マージンは1.99%と、1年前の2.07%から縮小。貸倒引当金は11億9000万豪ドル(前年は19億6000万豪ドル)に減った。ANZは1株当たり0.80豪ドルの最終配当を支払う。

原題:ANZ Bank Full-Year Cash Profit Rises 18% as Bad Debts Fall (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE