米耐久財受注:9月はコア資本財が予想上回る、自動車は減速

更新日時

米商務省が25日発表した9月の米耐久財受注は、前月比で市場予想を上回る伸びを示した。7-9月(第3四半期)の投資が堅調だったことを示唆した。

  米商務省の発表によると、先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)は前月比で1.3%増。市場予想は0.3%増だった。前月は1.3%増と、速報値の1.1%増から上方修正された。国内総生産(GDP)の算出に使用されるコア資本財の出荷は0.7%増(市場予想0.1%増)に減速した。前月は1.2%増(速報値1.1%増)だった。

  耐久財全体の受注額は9月に2.2%増(市場予想1%増)と、前月の2%増から伸びが加速した。変動の大きい輸送機器を除く耐久財受注は0.7%増加した。

  項目別では通信機器の受注が4.8%増、コンピューターは1.6%増加した。加工金属は1.7%増。自動車・同部品は0.1%増と、前月の2.8%増から減速した。

  統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:Gain in Equipment Orders Underscores Robust U.S. Investment (1)(抜粋)

(詳細を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE