「ウォーシュFRB議長」にクオールズ氏が反対、パウエル氏後押しか

米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人選を巡り、 ケビン・ウォーシュ氏とランダル・クオールズ氏の確執が再燃した。

ウォーシュ氏

フォトグラファー:Patrick T. Fallon / Bloomberg

  銀行監督担当FRB副議長に今月就任したクオールズ氏は友人らに、ウォーシュ氏がFRB議長にふさわしいとは思わないと漏らしている。元同僚2人が明らかにした。クオールズ氏はウォーシュ氏が議長になれば同副議長の職掌である規制問題にまで口を出すことも懸念しているという。

  ムニューシン米財務長官はクオールズ氏の見解を承知していると関係者が付け加えた。ムニューシン氏は非公式に、ウォーシュ氏のFRB議長指名を支持しないと明らかにしていると関係者2人が述べていた。

クオールズ氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  クオールズ氏とウォーシュ氏の確執はジョージ・W・ブッシュ政権時代に遡る。ウォーシュ氏は広報担当者を通じてコメントを控えたが、同氏の友人らはウォーシュ氏とクオールズ氏の不仲を認め、クオールズ氏が長年の友人であるジェローム・パウエル氏を後押ししているのではないかとの疑念を示した。

  トランプ大統領は次期FRB議長についての決定は非常に近いとしており、元FRB理事のウォーシュ氏とパウエルFRB理事、ジョン・テイラー・スタンフォード大学教授、コーン国家経済会議(NEC)委員長、イエレン現議長に候補を絞り込んでいる。

原題:Warsh Vs. Quarles Feud Is Said to Be Renewed by Trump Fed Search(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE