ブラックストーン:運用資産、8000億ドル目指す-5年で倍増へ

  • シュワルツマンCEO:運用資産1兆ドルも「可能」
  • 7-9月に運用資産は4.4%増、2年ぶりの大幅増加

米プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ブラックストーン・グループは、5年間で運用資産を倍増させ、8000億ドル(約91兆3600億円)としたい考えだ。スティーブ・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)が25日語った。

シュワルツマンCEO

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  リヤドで行われたブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、同CEOは運用資産について「現水準から基本倍増させ、8000億ドルとする社内の目標、計画、切望がある」と述べた。1兆ドルに達する可能性はあるかとの質問にも、「あり得る」と回答した。

  9月30日時点の運用資産は3870億ドルで、2012年半ばからは2倍以上に膨らんだ。同社が先週発表したところによると、オポチュニティーファンドやアジア不動産、ヘッジファンド、ディストレスト債などの戦略に顧客資金が流入し、7-9月(第3四半期)で運用資産は4.4%増え15年初め以来の大幅増を達成した。

  シュワルツマンCEOは、10-12月(第4四半期)も運用資産が増加を続けるとの見通しを示している。

  ブルームバーグ・ニュースの親会社であるブルームバーグ・エル・ピーのピーター・グラウアー会長は、ブラックストーンで非業務執行取締役を務めている。
  

原題:Blackstone May Double Assets to $800 Billion in Five Years (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE