米上院:消費者金融保護局の規則を撤回-金融機関に有利に

米上院は24日、顧客が銀行を提訴することを容易にする消費者金融保護局(CFPB)の規則を覆した。

  7月に発表されたCFPBの規則は、銀行が金融契約を結ぶ顧客に対して課す仲裁条項に制限を設け、顧客が銀行を相手取って集団訴訟を起こしやすくなる内容だった。

  上院はこの規則の撤回を51対50で支持した。下院も7月の採決で、CFPBの規則を却下していた。

原題:Consumer Bureau’s Arbitration Rule Overturned by Senate Vote (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE