インド株:ステイト銀など国有銀行が大幅高-資本注入計画を好感

  • ステイト銀が25%高、パンジャブ・ナショナルが40%高となる場面も
  • 資本注入は「大きなクレジットポジティブ」-ムーディーズ

25日のインド株式市場で、インドステイト銀行など国有銀行の株価が大幅上昇。財務省が前日明らかにした大規模な資本注入計画が好感されている。

  インドステイト銀は一時25%高と、取引時間中では8年ぶりの大きな上げを記録。パンジャブ・ナショナル銀行は40%高となる場面もあった。国有銀行銘柄から成るニフティーPSU指数も大きく上げている。

  ムーディーズ・インベスターズ・サービスのアナリスト、スリカンス・バドラマニ氏は電話インタビューで、政府の資本注入計画は国有銀行にとって「大きなクレジットポジティブ」要因だと述べた。財務省で銀行業を担当するラジブ・クマール氏は24日の記者説明会で、国有銀行に向けに2兆1100億ルピー(約3兆6900億円)の資本注入を2年かけ実施すると発表した。

原題:Indian State Banks Soar on Record $32 Billion Capital Boost (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE