シアーズ:ワールプールの家電販売を打ち切りへ-共に株価下落

  • 価格条件が折り合わずワールプール・ブランドの大部分の販売停止へ
  • 両社の1世紀の提携関係が終わり、シアーズのラインナップに打撃も

米百貨店チェーン運営会社シアーズ・ホールディングスが、米家電メーカーのワールプールとの取引関係を打ち切る。1世紀続いた両社の提携関係が終わることになり、シアーズの家電ラインナップへの打撃は避けられない。

  両社は価格条件で折り合いがつかず、シアーズはメイタグ、キッチンエイド、ジェンエアを含むワールプール・ブランドの大部分の販売を停止する。このニュースを受けて、24日の米株式市場でシアーズの株価は一時約9%下落した。同社の時価総額は今年に入り既に3分の1余りが失われている。

  販売の落ち込みと赤字の拡大が続き、アパレルや他の商品で優位を失っているシアーズにとって、ワールプールのブランドがなくなることは、強みを持つと見なされている数少ない分野の一つ、家電販売が打撃を受けることを意味する。サスケハナ・インターナショナル・グループのアナリスト、ビル・ドレアー氏は、ワールプールとの取引打ち切りは、供給業者と協力するシアーズの能力に新たな疑問を投げ掛けると指摘した。

  一方、シアーズがグローバルの売り上げ全体の約3%を占めるワールプールの株価も、投資家の不安を背景に一時約11%下げた。

原題:Sears Splits With Whirlpool in Latest Blow to Struggling Chain(抜粋)
Whirlpool Pummeled as Costs Rise and Sears Partnership Fizzles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE