トランプ米大統領、共和党上院議員らに税制改革案推進促す-昼食会で

  • 大統領は昼食会の前にコーカー議員と非難応酬
  • マコネル共和党上院院内総務:税制改革はわれわれの最重要問題

トランプ米大統領は24日、ボブ・コーカー共和党上院議員とツイッターで再び非難し合った数時間後、昼食会で共和党上院議員らと話し合い、税制改革案を推し進めるよう促した。

  この日、ジェフ・フレーク共和党上院議員が上院本会議上で再選を目指さない意向を発表した後、トランプ大統領の名指しは避けながらも、大統領の行動は「民主主義を危険にさらす」ものだと非難する場面もあった。

  しかし、こうした不協和音がある中でも共和党議員らは、主として税問題が話し合われた大統領との昼食会を前向きに評価しようとしていた。

  ジョン・ケネディ共和党上院議員は昼食会の後、「参加者は非常に前向きだった。われわれはミートローフを頂いた。大統領はもっぱら税制改革の重要性を語っていた」と説明した。

  マコネル共和党上院院内総務は、昼食会でコーカー議員らと言い争いはなかったかとの記者団の質問に、そのようなことはなかったと答えた上で、「税制改革はわれわれの最重要問題だ。何年も前からこれを行う機会をうかがっていた」と語った。

  昼食会の数時間前、トランプ大統領はツイッターでコーカー議員を「無能」と呼び、コーカー議員は大統領が米国の「価値を下げて」おり、「恒常的にうそを語っている」と指摘していた。ただ昼食会に参加した議員らによれば、昼食会では口論は起きなかったという。

原題:Trump Urges GOP Senators to Push Tax-Cut Plan Amid Corker Spat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE