伊ウニクレディト:7-9月利益は6倍-パイオニア売却益が寄与

  • 純利益は28億2000万ユーロに拡大、前年同期4億4700万ユーロ
  • 収入は3.9%減少-トレーディングと融資の収入減、手数料収入増加

イタリアの銀行最大手、ウニクレディトの7-9月(第3四半期)利益は前年同期の6倍に増えた。資産運用部門パイオニア・グローバル・アセット・マネジメントの売却益が寄与した。

  24日の決算発表によると、純利益は28億2000万ユーロ(約3770億円)。前年同期は4億4700万ユーロだった。収入は3.9%減の46億5000万ユーロ。トレーディングと融資事業からの収入減を手数料収入の増加が幾分補った。

  昨年就任したジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)は今後2年で年間純利益を47億ユーロに引き上げたい考え。ウニクレディトはコメルツ銀行との提携の可能性を含め、ドイツでの事業拡大を検討している。

原題:UniCredit Third-Quarter Net Rises on Gain From Pioneer Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE