欧州連合(EU)が今年策定中の規制が実施に移された場合、米グーグルは検索結果でリンクを下位に表示した理由について説明を求められる可能性がある。この計画に詳しい関係者の1人が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に語ったところでは、EUの行政執行機関である欧州委員会は検索エンジンを含むオンラインプラットフォームに対し、特定のコンテンツを削除する理由について説明を義務付ける指令案(法案)を検討している。このEU指令が施行されれば、検索エンジンとコンテンツ所有者が協議し、場合によっては是正に向けた何らかの対応が可能になると考えられる。

  グーグルにEUの計画についてコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Google Targeted Again as EU Is Said to Weigh Search-Result Rules(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE