米フェイスブックとアマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットのいわゆる「FANG」銘柄が再び下げている。23日はグループとしては1.7%下落し、5営業日続落。昨年11月の米大統領選直前以来の長期下げ局面となっている。

  FANGは昨年夏、投資家が勝ち組から出遅れ組にシフトする中で、売りを浴びた。S&P500種株価指数が23日まで6連騰する中、同様の展開が再び起こりつつあるのかもしれない。

  利益成長見通しに関する懸念もある。アナリストらがFANGの利益予想を引き下げる一方、市場全体の残る企業については上方修正していることをブルームバーグの集計データは示している。26日に決算発表するアマゾンとアルファベットの見通しは過去4週間にそれぞれ0.2%、1.7%下方修正された。

原題:FANGs in Longest Retreat Since Election Ahead of Google Earnings(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE