今週はスペイン・カタルーニャ自治州独立問題の今後を左右する重要な予定がめじろ押しだ。ラホイ首相はカタルーニャ州政府の権限はく奪へ準備を進めているが、カタルーニャ独立派にも独立宣言という選択肢が残っている。

  以下は現時点で予想される重要日程(中央ヨーロッパ時間)。
23日:

  • カタルーニャ独立派の指導者らは対応を協議(これのみ既に終了)
  • スペイン上院:憲法155条に基づきカタルーニャ州政府の統治権限をはく奪する措置を検討する超党派合同委員会を設置

24日:

  • 上院合同委員会が審議開始(午後1時:日本時間午後8時)

25日:
重要予定なし

26日:

  • カタルーニャ州議会の本会議(午前9時開始)でプチデモン州首相が一方的な独立宣言を行う可能性
  • 上院:合同委が憲法155条に基づく措置を承認する案の策定開始(正午)
  • 合同委員会の同案審議と採決(午後5時)

27日:

  • 上院本会議で憲法155条に基づく措置の審議(午前10時)
  • カタルーニャ州議会の本会議が前日から延長される可能性
  • 中央政府閣議(時間未定)

28日:

  • 上院承認の場合、憲法155条に基づく措置が官報に掲載される
  • ラホイ首相の新たな権限は週明け30日に発効

原題:Spain Confronts Catalan Separatists: A Guide to a Critical Week(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE