独リンデ:プラクスエアとの合併成立要件引き下げ-期限も延長

産業ガスの米プラクスエアとの合併に向かっている独リンデは、合併成立に必要な要件を引き下げた。期限の数日前の時点で当初設定した要件が満たされなかったため変更を決めた。

  23日の発表によると、リンデは合併に向けた株式交換で、成立に必要な最低応募比率を発行済み株式総数の75%から60%へと引き下げた。応募期限も2週間延長し、11月7日とした。

  従来の期限は10月24日だった。両社の合併について、プラクスエア株主の承認は既に得られている。

原題:Linde Drops Tender Threshold, Extends Deadline for Praxair Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE