アルゼンチン議会選:大統領の改革路線に支持-主要選挙区で勝利へ

22日投票のアルゼンチン議会中間選挙は、マクリ大統領率いる与党連合カンビエモスが議席を伸ばし、大統領の改革路線は国民の強い信認を得た形となった。

  暫定集計結果によれば、カンビエモスがブエノスアイレス州など5大選挙区で勝利する見込み。同州ではマクリ大統領が支援するブルリッチ前教育相がフェルナンデス前大統領を破った。同前大統領はマクリ大統領を強く批判してきた。

  同国選管によると、ブエノスアイレス州では開票99%の段階で、ブルリッチ氏の得票率は41%、フェルナンデス氏が37%。ペニャ官房長官によれば、カンビエモスは24州のうち12州で勝利し、全国での得票率は41-42%。

原題:Argentina’s Macri Wins Big Endorsement in Mid-Term Elections (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE