テクノロジー株投資なら小型株見逃すな-年初来400%上昇 (訂正)

訂正済み
  • マレーシアのテクファスト、金型洗浄用ゴムシートで海外供給拡大
  • マレーシア上場企業900社余りの中で株価値上がり率トップ4位内

テクノロジー株の投資家は、部品メーカーの株購入で恩恵を受けることがある。例えば、マレーシアのテクファスト・ホールディングスだ。スクリューや工業用ファスナー、発光ダイオード用材料などを手掛ける同社はあまり知られていないが、株価は今年これまでに5倍余り上昇。海外事業拡大や利益性の高い提携が注目を浴び、同国株全体の中でも際だった上昇率となっている。

  創業者でマネジングディレクターのジェーソン・ヤプ・ユンシング氏は、中国と台湾の半導体メーカーに金型洗浄用ゴムシートを供給する同社動向のほか、軍事・航空宇宙産業向けの部品づくりでファスナーメーカーのリチャード・マンノ(本社ニューヨーク)と提携したことに言及した。テクファストは同ゴムシートを国内半導体メーカーの約7割に供給している。

  ヤプ氏はクアラルンプール郊外にあるテクファスト本社でのインタビューで、中国の天水華天科技と交渉するなど、同国や台湾向けに事業を拡大しつつあると説明。リチャード・マンノと提携する製品については、精密機械部品のため「利益率が素晴らしく高い」と語った。

ヤプ氏

写真家:Sanjit Das / Bloomberg

 
  テクファストのようなマレーシアの小型株はアナリストの調査対象から漏れることも多いが、テクノロジーのサプライチェーンの一翼を担うこうした銘柄を探し出した投資家は力強いリターンを得られる。同社株の今年これまでの400%余りの上昇率に対し、マレーシアのテクノロジー株指数の上げは80%近くにとどまっている。ブルームバーグのデータによれば、同国の上場企業900社余りの中で、テクファストは値上がり率トップ4位内に入っている。

  ヤプ氏は1999年にテクファストを設立、2005年に株式公開した。同社の1-6月利益は前年同期比73%増の170万リンギット(約4600万円)。薄型テレビから自動車などに使われるファスナーの売り上げが伸びている。

  もちろん、同社株は割高になった。株価収益率(PER)は46倍と、2年ぶり高水準に近い。それでもヤップ氏は、株上昇は第1章にすぎないと話し、今年度から純利益の40%を株主還元する計画だと話した。昨年は26%だったという。18年は利益の「飛躍」が見込まれるとも述べた。

マレーシアにあるテクファストの製造施設。

写真家:Sanjit Das / Bloomberg

原題:In Tech Supply Chain, a Malaysian Stock Surges 400% (Correct)(抜粋)

(23日配信記事で原題を貼り替え、第3段落の内容を訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE