中国:閉鎖された製鉄所の復活阻止へ、生産能力削減と環境浄化で

  • 中国は今年の生産能力削減目標を堅持-発改委の寧副主任
  • 当局は主要生産地域で冬季に一連の追加生産削減を計画

中国は閉鎖された製鉄所や違法な製鉄所を市場に復帰させないと、国家発展改革委員会(発改委)の寧吉喆副主任が表明した。鉄鋼価格上昇につながっている同国の取り組みへのコミットメントが示された。

  中国は今年の生産能力削減目標を堅持すると、寧副主任が週末の第19回共産党大会での記者会見で語った。それとは別に、発改委の何立峰主任は鉄鋼・石炭の生産能力削減の結果、110万人余りの労働者が人員削減後に再雇用されていると述べた。

  中国は過剰生産能力を削減し、環境を浄化するため違法な製鉄所を閉鎖するよう命じてきた。当局は主要生産地域の残る製鉄所について冬季に一連の追加生産削減を計画している。指標となる鉄鋼価格は今年に入り上昇しており、鉄筋のスポット価格は先月、2011年以来の高値を付けた。全国的な取り組みで中国からの輸出が減少し、各地の生産者への圧力は和らいでいる。

  マイスチール・シンガポールのマーケット・インテリジェンス責任者アティラ・ウィンドネル氏はブルームバーグに対し、「中央・地方政府は国内鉄鋼業界の過剰生産能力に対する供給サイドの改革を極めて真剣に行っている」と指摘。中国の輸出量が膨大であることから、国内外の需給バランスへの影響は非常に大きいと述べた。

原題:China Vows No Return for Shuttered Steelmakers as Curbs Bite (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE