北朝鮮・イランとの対立解消の鍵は外交-英外相、米大統領と一線画す

  • ジョンソン英外相は23日、ロンドンで安全保障について講演予定
  • 核拡散防止条約を外交努力の成功例として強調
Photographer: Alain Nogues/Corbis via Getty Images

核開発を巡る北朝鮮やイランとの問題解決の鍵は外交にある。英国のジョンソン外相は23日にロンドンでこのように演説する予定で、トランプ米大統領の対立姿勢とは一線を画す。

  英外務省の電子メールによると、ジョンソン外相は英王立国際問題研究所で世界の安全保障について話す際、核兵器拡散を止める外交努力が「世界をより安全で不安の少ない、自信に満ちた繁栄の場とすることに寄与してきた」と言明する。特に、「われわれが生きている未曽有の平和と繁栄の時代への米国による最大の貢献の一つ」として、1970年発効の核拡散防止条約(NPT)の成功を強調する。

  トランプ米大統領は今月、ティラーソン米国務長官が北朝鮮との交渉を求めていることについて「時間を無駄にしている」とツイッターに投稿したが、ジョンソン英外相は北朝鮮に対し、核開発を巡る対立解消で戦争は選択肢として残るものの、金正恩朝鮮労働党委員長が「進路を変更すれば」紛争回避は可能とのメッセージを伝える。同外相はイランについても、米英にドイツとフランス、ロシア、中国を加えた6カ国との間で成立した合意を維持すべきだとの考えをトランプ大統領に対して示す。

原題:U.K. Sees Diplomacy Key to End Standoffs With Iran, North Korea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE