円下落、衆院選の与党勝利で日銀緩和策の障害除去-23日の外為市場

23日早朝のアジア外為市場で円相場は約3カ月ぶりの安値に下落。衆議院選挙で自民、公明両党が過半数を維持し、安倍晋三首相の下での財政政策と金融緩和策の枠組みが続くことが示された。

  東京時間午前5時18分時点で円相場は0.3%安の1ドル=113円90銭、対ユーロでは1ユーロ=133円98銭。先週20日は133円77銭だった。

原題:Yen Weakens as Abe Victory Removes Threat to BOJ’s Easing Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE