ノーベル賞受賞者スティグリッツ氏ら、新団体設立-経済課題の解決へ

ノーベル経済学賞を2001年に受賞したジョゼフ・スティグリッツ米コロンビア大学教授とマイケル・スペンス米ニューヨーク大学教授は、機能不全に陥ったとみる市場経済の解決策を追求するため新たな団体を設立した。

  「コミッション・オン・グローバル・エコノミック・トランスフォーメーション」は、停滞した経済成長や格差のほか移民や気候変動に至るまで幅広く世界経済の課題に取り組む。同団体は政治家や政策担当者との会合で助言や勧告を提示する。

  スティグリッツ氏は発表文で、標準的な市場経済は「多くの市民にとって効果的に機能していない」と指摘し、「不能に陥っているという点が明らかに政治にも影響を及ぼしてきた」と述べた。「そうした経済モデルは機能していないと認識すること自体が当団体を設立した理由だ」としている。

  スティグリッツ、スペンス両氏のほか、英金融サービス機構(現・英金融行動監視機構)元長官で現在は新経済思考研究所の所長を務めるアデア・ターナー氏や独アリアンツの主任経済顧問でブルームバーグ・ビューのコラムニストでもあるモハメド・エラリアン氏も参加している。

原題:Nobel Laureates Lead New Group to Tackle World’s Economic Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE