インドネシアのルフット調整相(海事担当)は、S&Pグローバル・レーティングが同国の格付け引き上げを検討していると語った。S&Pは5月にインドネシアをジャンク級から投資適格級に格上げしたばかりだ。

  ルフット調整相は20日にジャカルタにある警察学校でのセミナーで講演し、S&Pが政府に接触し「インドネシアの格付けをマイナスのないBBBに引き上げたい」意向を示したと述べ、格上げは「恐らく来年」になる見込みだと付け加えた。

  S&Pは電子メールで、インドネシアを格上げする意思があるかについてコメントを控え、「政府を含む全ての発行体と継続的かつ定期的に個別に会談を行っている」とし、「こうした話し合いについてコメントしない」と付け加えた。

  格上げの可能性についてムルヤニ財務相は同日、記者団に対し「引き上げを決めるのは格付け会社だが、政府の説明に対して非常に肯定的で信頼を示している」と発言した。

原題:Indonesia Minister Says S&P Discussed Upgrading Sovereign Rating(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE