大同生命保険は今年度下期(2017年10月-18年3月)の運用計画で、国内債券の残高は横ばいを維持、外国債券と内外株式の残高を増やす。沖田芳弘執行役員運用企画部長が20日、ブルームバーグとのインタビューで明らかにした。

  国内債券の残高は横ばいの見通しで、下期の償還分1100億円のうち、「40年債は国債以外の発行がない」と、三分の一程度は40年国債に再投資。三分の一は地方債や高格付け債券などの超長期債。残りは年限5-12年の社債を中心に購入する。国内債券は一定量を購入し平均残存年限を保つのが基本方針で、「マイナス金利は買わないがクーポンが低いから買わないという発想はない」と述べた。上期は残高を250億円増やした。

  外国債券の残高は増加を見込む。外貨建て資産は、為替リスクを全体のヘッジ比率でコントロールしており、従来8割程度だったヘッジ比率は日米金利差によるドル高傾向を見込み3月末の77%から9月末は75%まで低下させている。下半期も基本はドル高を予想しており「ドルの伸びをどれだけ享受できるか」が課題で、さらにヘッジ比率の引き下げを試みる。上期は外国債券の残高を800億円積み増した。

  内外株式は残高を400億円以上増やす予定で、内訳は国内株が半分より多めの計画。上期は国内株を350億円購入し300億円売却、外国株は550億円購入し200億円売却し、内外株式の残高は400億円増えた。北朝鮮のミサイル発射などのイベント前に相場が上昇した際に利益確定のため、売った。

  貸し付けの残高は横ばいを見込む。上半期の残高は50億円増えた。

2017年度下期の運用計画

国内債券内外株式外国債券貸付
横ばい増加増加横ばい

2017年度予想レンジ(18年3月末の予想)

国内金利(%)米国金利(%)日経平均(円)ダウ(ドル)ドル円(円)ユーロ円(円)
▲0.05-0.15(0.10)2.0-2.6(2.5)1万8000-2万3000(2万1000)20500-24750(23000)107-117(115)126-138(132)
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE