人民銀総裁が警告、中国は「ミンスキー・モーメント」の脅威防ぐ必要

  • 過度の楽観主義が資産価格の急落を引き起こしかねないと発言
  • 企業と家計の債務リスクを警告-企業の借り入れは「非常に高水準」

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は19日、過度の楽観主義が資産価格の突然の大幅下落を引き起こしかねないと警告した。

  周総裁は「ミンスキー・モーメント」として知られる概念を使って脅威を指摘した。資産価格が持続不可能なペースで上昇する、もしくは信用の伸びが止まった後に資産価格が急落することを意味し、強気相場が長期間続けば価格の大幅下落を招く可能性があると主張した米経済学者ハイマン・ミンスキーの名前から取られた概念だ。

周小川総裁

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  周総裁は第19回共産党大会に合わせて行われたイベントで質問に答え、「景気循環を増幅する要素が経済にあまりに多く存在すれば、景気変動のぶれが大きくなる」と発言。「物事が円滑に進んでいるときに過度に楽観的であれば緊張が高まり、それが急激な調整につながる可能性がある。ミンスキー・モーメントと呼ばれる状況で、われわれは特にこれを防がなければならない」と述べた。

  同総裁は価格が急落する可能性のある資産クラスを具体的に挙げることはなかった。企業と家計の債務リスクを広く警告した上で、一部企業の資本効率の低さと不適切な直接ファイナンスなどを背景に企業の借り入れは「非常に高水準」だと指摘。家計の債務については非常に大きいとは言えないが急増しているとの認識を示し、「家計部門のレバレッジ縮小を進めるわけではないが、レバレッジの質を注視する必要がある」と述べた。

原題:Zhou Warns China Should Defend Against Threat of ‘Minsky Moment’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE