米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社、ブラックストーン・グループの7-9月(第3四半期)決算では、利益が全てのアナリスト予想を上回った。不動産ポートフォリオの高リターンが寄与した。

  19日の同社発表によると、運用資産の時価評価を考慮した経済的純利益(ENI)は8億3430万ドル(約940億円、1株当たり69セント)と、前年同期の6億8700万ドルから増えた。ブルームバーグがまとめたアナリスト13人の予想平均は1株当たり54セント、最も大きかったのは61セントだった。

  ブラックロックのオポチュニスティック型不動産ポートフォリオの価値は7-9月期に5.5%上昇した。同期間のS&P500種株価指数の上昇率は4%だった。インビテーション・ホームズやヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスなどへの投資が押し上げ要因だった。PEポートフォリオの価値は3.3%上昇した。

  ブルームバーグ・ニュースの親会社であるブルームバーグ・エル・ピーのピーター・グラウアー会長は、ブラックストーンで非業務執行取締役を務めている。

原題:Blackstone Profit Beats Estimates as Real Estate Portfolio Gains(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE